販促品として大活躍間違いなしのオリジナルクリアファイル

印刷機とブロック

販促品として大人気!クリアファイルはいかがですか?

クリアファイル

ちょっとした書類を保管するのにも取引先へ文書を提出するのにも重宝なクリアファイル。どちらの会社でも普段から良く使用されているでしょう。その便利さ、お手頃な価格もあり、企業向けの販促品として非常に人気の商品です。
クリアファイルなんてどこの会社でも自前で買うものだから貰ってもインパクトがないのでは?という考えもあるかと思います。しかし、使えるものをそのまま仕舞っておくことよりもとりあえず使ってみる方が一般的ではないでしょうか。日頃から目に触れるからこそ一時的な印象よりも記憶に残りやすく、企業名、商品名を取引先に覚えてもらうチャンスとなります。
また、軽くて丈夫、場所も取らず差し上げる側も貰う側も気軽に扱えます。一重にクリアフェイルといってもデザイン、色、質感、サイズも豊富なバリエーションがあり、ご希望に沿ったオリジナルな仕様で注文できます。形状もシンプルなものからダブルポケット、仕切り付きや名刺入れのあるものまで登場し多彩な選択肢が提供されています。このように販促品として企業のイメージを代表する顔になるクリアファイル。皆さんの会社でも企業ブランドにふさわしい販促品を作ってみてはいかがでしょうか。

クリアファイルの広告有効性について

クリアファイルといえばまず思いつくのが、学校のプリントや会社の書類を整理するためのものでしょう。しかしながら「量産され、不特定多数の人が継続的に使用する」という性質が備わっているため、そこに注目した広告宣伝のスキームが確立されています。それは「一人で」利用する場面がほとんどなく、必ず「友達や同僚、上司の目につくところに」存在しているという性質によるものであるといえます。
例えば、学校であるキャラクターのクリアファイルを利用している学生に向けて「それ、なんのキャラクター?」などと、ふとした瞬間に話題が生まれるケースも少なくないでしょう。一見すると機能性のみに注目されていますが、販促品の側面からも広告の体をなしているという証拠だといえるでしょう。
また、例えばコンビニエンスストアなどで「?円以上のお買い上げでクリアファイルをプレゼント」といったキャンペーンが張られているケースもよく目にします。これはその金額に達しない人にとっても目に触れるものであり、広告宣伝を不特定多数になしているいい手段だと言えます。クリアファイルそのものを必要としていない人にとっても、印刷されたキャラクターやロゴマークなど、販促品としての情報だけは目に止まる、というケースも多いです。このように、クリアファイルは広告宣伝としての重要な販促品としても担いうる存在なのです。

今現在のクリアファイルの種類や使い方を紹介

クリアファイルを見た事ない、使った事もない、という人は、ほとんどいないというぐらい出回っております。例えば、会社や、学校・幼稚園。書店にも並んでいますし、家計でも使われています。そんなクリアファイルですが、どのような種類、どのような使い方をされているか見ていきましょう。
まず、どのような種類が出回っているのでしょう。例えば、赤や青、緑など色がついたクリアファイルや、ボタン式などでふたが付いており閉めることができるクリアファイルもあります。後は、サイズがそれぞれ違うクリアファイルもよく目にします。A4だったり、それよりも小さいクリアファイルもあり、中にはガラが付いたクリアファイルもあります。
その一方で、どのような使い方をされているのでしょう。例えば、クリアファイルにシールを貼ることによって役割を付けたり、企業の認識度を増やすため販促品としてクリアファイルを使用するという利用方法も需要が高いです。サイズも好きに選べるので、キャラクターの場合だと、クリアファイルのサイズを小さくし販促品として売り出したりと、色々な使われ方をしております。
このようにクリアファイルには、色んな種類があったり、販促品と色んな形で使用したりと、今後もどういった形で出回っていくのか目が離せません。